債務整理ナビ

多額の借金を背負った場合に必要になってくる「債務整理」・・・そもそも債務整理ってなに?
どんな方法があるの?どういったことに注意すればいいの?
債務整理ナビではそういった債務整理に関する疑問にお答えしています。

自己破産だけが債務整理の方法ではない!何もわからないまま始めてしまっては、あとで後悔することになるかも・・・
最近は借金に困っている人につけこんでお金を騙し取る詐欺も増えてきています。こういった被害に逢わないためにも
しっかり勉強しておきましょう。

 

無料相談はコチラからどうぞ
◆24時間無料お電話での問い合わせ。
0120-623-438
↓↓↓

 

債務整理とは

債務整理とは、多額の借金を背負った場合などに返済しやすくする、借金をなくす方法のことです。
借金を返すためにさらに借金をしても解決にはなりませんよね。そんなときは、法的に借金を整理することで、
自分の負担を軽くするのです。

債務整理をすることで、無利息になったり、借金を圧縮することができます。それでも支払いができない場合、
自己破産で借金そのものがなくなることになります。つまり、破産も債務整理のひとつというわけです。
債務整理の方法は主に4つ。一つ目は破産・・・他に特定調停・民事再生・任意整理があります。

 

債務整理の特徴

4つある債務整理の特徴をそれぞれ確認してみましょう。

・任意整理・・・債権者との交渉(裁判所を介さない)により債務の額を確定した上で、
返済方法や支払い方法・期間について和解する。手続き上の法律等が無いので、柔軟な対応が可能。

・特定調停・・・債務者の経済的再生のために、借金額や支払方法の変更について、債権者と話し合う。
民事再生(個人再生手続)・・・特定の条件がそろっている場合、借金の5分の4を免除できる。原則として、
3年で分割して返済する必要がある。

・自己破産・・・裁判所を通じて借金を0にする。どうしても返済できない場合の「最終手段」。

 

債務整理するためには?

債務整理を行うにあたって、さまざまな手続きが必要になってきます。
必要な手続きや書類、費用などは、どの方法を選ぶかによって違ってきます。
たとえば、破産手続きを行う場合は破産・免責申立書、債権者一覧表といった書類が必要になります。

また、スムーズに処理をすすめるためにも、以下のことを事前に確認しておきましょう。
・連帯保証人の確認
・不動産担保の設定の確認
・公正証書作成の確認
・各種ローンの確認
・給与の振込口座の確認
また、どの方法を選ぶかは、慎重に決める必要がありますので、専門家に相談する必要もでてきます。

 

債務整理の注意点

債務整理は自分で行う(任意整理)こともできますし、弁護士などの専門家に頼ることもあります。
どちらの方法を選ぶ場合も、どのような債務整理に何が必要なのかなどを確認しておきましょう。
特に任意整理は裁判所を介さず債権者と交渉するのですから、十分な勉強が必要になってきます。

債務整理を専門家に頼る場合も、ヤミ金や詐欺といった悪徳業者に注意です。
最近では借金に困っている人をターゲットし、専門家を騙ってお金を騙し取るケースも増えているようです。
「借金の多くて困ってる方大歓迎」といった軽い宣伝文句に騙されないようにしましょう。

 

無料相談はコチラからどうぞ
◆24時間無料お電話での問い合わせ。
0120-623-438
↓↓↓